チョコベリーの暮らしをちょっと豊かにするブログ

3児育児中のワーママです。ライフハック、子育てなど暮らしを豊かにするヒントや気づきを綴っています。

MENU

 

知っていると役に立つ!ドルコスト平均法の仕組みとは?メリット、デメリットをわかりやすく解説!

ドルコスト平均法の仕組みをわかりやすく解説

 

資産運用されていますか?

よくわからないから、やっていない・・・。

そういう方も多いのではないでしょうか。

 

資産運用をする上で、知っておくとよいのがドルコスト平均法です!

え?

何それ?

そう思った方も、大丈夫!

この仕組みを理解すれば、資産運用は怖くありません!

 

どんな仕組みなの?

メリット、デメリットは?

見ていきましょう!

  

 

ドルコスト平均法とは?

 

ドルコスト平均法とは、毎月、同じ金額の金融商品を買い続けることです。

金融商品とは、投資信託だったり、株式だったり、金だったりします。

 

例えば、毎月5,000円分、銘柄Aという投資信託を購入するとします。

投資信託は、基準価額というものがあり、金額が毎日変わります。

 

銘柄Aの基準価額

1日 1,000円

2日  900円

3日 1300円

・・・という感じですね。

 

どんなに基準価額が上がっても、下がっても、毎月5,000円分だけ購入するので、たくさん買えるときと、少ししか買えないときがあります。 

このような買い方をすることで、利益を得られるとされています。

 

ドルコスト平均法とは、毎月、同じ金額を買いつづけること!

 

どうして利益が得られるの?

 

このような買い方をすることで、どうして利益を得ることができるの?

そう思う人も多いのではないでしょうか。

私もそうでした。

 

あるとき、経済評論家の勝間和代さんが説明されていて、なるほど!と思った説明があります。

かなり納得の説明だったので、紹介しますね。

 

ドルコスト平均法は、価格が半減したときに倍買えて、価格が倍に上がったときは半分しか買えないことになります。

 

つまり、通常買える分を1とすると、価格が半減したときは0.5、価格が倍に上がったときは2買えるということになります。

 

では、買った分をあわせてみましょう!
1 + 2 + 0.5 = 3.5

3.5ですね。

 

次に、合わせた数を3で割ってみましょう。
3.5 ÷ 3 = 1.166666

1.166666ですね。

 

つまり、毎回1だけ買っているのに、

価格変動があると、1より大きい数だけ買っていることになる

のです!

 

すごいと思いませんか?

 

価格変動によって、1より大きくなっている!

  

利益の仕組みからわかるメリットは?

 

もちろん、この例は極端です。

価格が毎回、こんなに綺麗に半減したり、倍増するわけではありません。

ただ、この説明からわかるのは、価格が変動して、かつ緩やかに上がり続ける限りは、利益を得ることができるということです。

 

では、価格は緩やかに上がり続けるの?

そんな疑問もでてきます。

私もそうでした(笑)。

 

これに対する答えは、価格が下がり続けるとしたら、それは資本主義の崩壊を意味しているのです。

つまり、世界の展望は暗く、資本主義は近い将来崩壊すると思ったら、ドルコスト平均法は適切でない投資方法になります。

反対に、今後も資本主義も続いていくと思えば、有益な投資方法になるということですね。

  

デメリットとその対策は?


ここから、ドルコスト平均法のリスクとしていえるのは、価格が下がり続けているときは、利益を得ることはできないということがいえます。

 

だからこそ、ドルコスト平均法は長期運用が必要です。

期間としては、5年~10年以上ですね。

 

長期間運用することによって、価格が下がり続けたとしても、また価格が上がる局面がでてきます。

それによって、利益を得ることができるようになります。

 

ドルコスト平均法を使うなら、長期運用しよう!

 

まとめ

 

 

 ・ドルコスト平均法とは、毎月、同じ金額の金融商品を買い続けること。

 ・価格変動があるから、利益が得られる!

 ・今後も資本主義が続くと思えば、有益な投資法。長期運用が重要!

 

 

ドルコスト平均法の仕組みやメリット、デメリットを理解した上で、賢く使っていきたいですね!