チョコベリーの暮らしをちょっと豊かにするブログ

3児育児中のワーママです。ワーママライフハック、子育てなど暮らしを豊かにするヒントや気づきを綴っています。

MENU

 

読書を楽しもう!2018年読書まとめ

f:id:chocoflowerheart:20190103153413j:plain

こんにちは!

3児育児 ✕ ワーママ のチョコベリー(@chocoberry_k)です。

 

みなさん、読書していますか?

なかなか時間がとれない方も多いですよね。

 

 私は、オーディオブックとワイヤレスイヤホンを知ってから、本が読めるようになりました。

読書メーターに記録しています。

とても楽しいですよ!

 

2018年に読んで、印象深かった本を3冊紹介しますね。

 

 

1.実践! 世界一ふざけた夢の叶え方(ひすいこたろう、菅野一勢、柳田厚志)

 

予祝について、実践方法が書かれた本です。
予祝とは、夢の前祝い。
私も長男と寝る前に予祝をしていたところ、第三子の女児を授かり、無事出産することができました。


予祝がすべてではないと思います。
それでも、楽しく夢を叶えるための指針を教えてもらいました。

 

2.フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠(マイケル モス)

 

健康的な食生活をしたいな。

そう思っている方、必読です!

 

この本を読み、それから、映画「あまくない砂糖の話」を見て、砂糖に対する考え方が変わりました。

砂糖って美味しいですけれど、本当は体に悪い影響を与えるものなのだと実感します。
健康的な食事とは何か、考えさせられる本でした。

 

3.予想どおりに不合理(ダン アリエリー)

 

筆者のダン・アリエリーさんの辛い経験が、行動経済学に生きていると実感する本です。

ダン・アリエリーさんは、18歳で全身やけどを負い、3年間包帯に覆われて病院で過ごしました。

そこから、なぜ人はその行動するのかを考えるようになりました。

行動経済学、面白いです!

 

例えば・・・

・選択肢が3つあると、大抵真ん中を選ぶ。

・無料でもらえると人は動く。無料の力は大きい!

・人はチャンスがあればごまかしをするが、めいっぱいしない。

 などなど。

 

日常的な生活から起こる行動の理由を知ることができ、興味深い本でした。

 

まとめ

 

 

  2018年、印象に残った3冊は

  ・実践! 世界一ふざけた夢の叶え方(ひすいこたろう、菅野一勢、柳田厚志)

  ・フードトラップ 食品に仕掛けられた至福の罠(マイケル モス)

  ・予想どおりに不合理(ダン・アリエリー)

 

 

 

読書を楽しむ良い年にしたいですね!