チョコベリーの暮らしをちょっと豊かにするブログ

3児育児中のワーママです。ワーママライフハック、子育て、投資など暮らしを豊かにするヒントや気づきを綴っています。

ツイッターのツイートがセンシティブで見えない!原因とその対処

こんにちは!

3児育児 ✕ ワーママ のチョコベリー(@chocoberry_k)です。

f:id:chocoflowerheart:20181220102717p:imageツイッターのツイートにセンシティブな内容が含まれているため表示できない

 

Twitterを使っていると、

「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」

と表示されて困ったことはありませんか?

 

私はあります(ーー;)

 

センシティブって何?

どうやったら見えるようになるの?

 

原因と対処をシェアしますね! 

 

 

なぜ、非表示になるの?

 

こちらの記事が参考になりました。

【Twitter】「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」で表示されないツイートを見る方法(2018年9月1日版)

 

どうやら、ツイッター側が制限を加えるべきと勝手に判断して、非表示にしているようです。

それも、特に問題のないツイートや画像であっても、非表示と判断されることがあるようです。

 

不正でないのに非表示になるなんて・・・

 

対処は、設定を変えること!

 

では、どうしたら見えるようになるのでしょうか?

対応は、設定を変えることです!

 

手順は、まずスマホツイッターアプリを起動し。

「このツイートは、センシティブな内容が含まれている可能性があるため表示できません」と表示されているツイートをタップします。

その表示内の「設定を変更」をタップ。

ログイン画面が出てくるので、ログインID、パスワードを入力して、ログイン。

「プライバシーとセキュリティ」を選択。

センシティブな内容を含む可能性のある画像/動画を表示する」の設定をオン。

 

これで、設定OK!

私も、センシティブによる非表示がなくなりました!

 

快適だね!

 

まとめ

 

 

  ・センシティブは、問題がないのに非表示にされていることもある。

  ・設定を変えることで、表示されるようになる。

  ・スマホアプリから変えるには、ログインIDとパスワードが必要!

 

 

設定をサクッと変えて、快適にツイッターを使っていきたいですね!

 

こちらの記事もおすすめです↓

chocoflowerheart.hatenablog.com