チョコベリーの暮らしをちょっと豊かにするブログ

3児育児中のワーママです。ワーママライフハック、子育て、投資など暮らしを豊かにするヒントや気づきを綴っています。

「好きなら、やらせれば。」親戚の印象的な一言。

f:id:chocoflowerheart:20181118110928j:plain

こんにちは、3児育児×ワーママ(育休中)のチョコベリーです。

「好きなら、やらせれば。」
最近、印象に残っている言葉です。

長男はゲームが大好き。
夫がゲームを買うので、長男もゲームをするようになりました。
DSやSureFaceやスーパーファミコンなどなど。
休みの日に、時間を決めて楽しんでいます。

でも、時間を過ぎることも。
時間が過ぎたら終わりですが、長男はまだゲームをしたいので、その後やる気のない顔をすることも多いです。

私はそうしたゲームをほとんどしないので、このゲームの面白さが全くわかりません^^;
長男がまだゲームをしようとしたり、ゲームの後にやる気のない態度をとったりするときは、正直、イラッとすることがあるんですよね(ーー;)

親戚の方が自宅に遊びにきてくれて、ゲームをしている長男をみていいました。
「好きなら、やらせれば。」

親戚の方には、息子さんがいます。
息子さんが小学校高学年の頃、ゲームをあまりにし過ぎるので、ゲームを取り上げたそうです。
そのことを、後悔していると言っていました。
重要なのは、時間を守ることであって、ゲームを取り上げることではなかった、と。

この話を聞いてから、長男のゲームにまず寄りそうことを考えるようになりました。
そして、ゲームを終えた後も、前向きに考えられるような声かけを心がけるようになりました。
こうしたことで、以前よりイライラがちょっとコントロールできるようになりました。

好きなら、やらせる。
でも、約束は守ってやる。
そうしていこうと思えた、印象的な言葉でした。