チョコベリーの暮らしをちょっと豊かにするブログ

3児育児中のワーママです。ワーママライフハック、子育て、投資など暮らしを豊かにするヒントや気づきを綴っています。

哺乳瓶がベタベタに・・・。原因は、ミルトンのトング!対応を杏林製薬さんに聞いてみた。

こんにちは!

3児育児 ✕ ワーママ のチョコベリー(@chocoberry_k)です。

 

「あれ?哺乳瓶がベタベタしている・・・。」

第3子を出産し、哺乳瓶を洗っていて気づきました。
哺乳瓶のところどころに、べたつきがあるのです。
洗剤でこすっても、落ちません。

 

哺乳瓶を洗うスポンジが汚れてた・・・?でも、新品で、哺乳瓶しか洗ってない。
哺乳瓶の消毒液に問題が・・・?いやいや、適量で作っているし。

 

何が原因がわからず、このまま哺乳瓶を使い続けて良いものか、心配になりました。

そこで、ネットで調べてみると・・・

 

ミルトンのトングがあやしい。

 

ミルトンとは、哺乳瓶の消毒液の名前です。


哺乳瓶を消毒する専用容器がでており、トングが付属でついています。
我が家では哺乳瓶の消毒に、こちらの容器とトングを使っていました。

ミルトン 専用容器

ミルトン 専用容器

 

 

ネットによると、どうやら古いミルトンのトングを使っていると、トングの先端のゴム部分が劣化して、哺乳瓶にくっついてしまうようです。

 

うちは長男が産まれたときから使っているので、もう7年も前のもの。
まさに、これが原因では・・・。
さっそく、ミルトンのトングのゴム部分をチェックしてみました。 

触ってみると・・・、うわー、ベタベタする!

 

ミルトンのトングが原因だ!!

 

どうやったらべたべたがとれるのか?
このべたつきのまま使って、赤ちゃんに問題はないのか?

 

ネットで調べても回答がなかったので、ミルトンを作っている杏林製薬さんに電話して聞いてみました。
わからないことは、メーカーさんに聞いてみるのが一番です。

 

 

担当者さんの回答は・・・
・時折、同じような問い合わせがきている。使用状況によって、トングにべたつきが発生し、哺乳瓶にべたつきがついてしまうようだ。
・べたつきをとる方法については検証していないため、方法を紹介できない。個人的にいろいろ試してほしい。
・べたつきは、赤ちゃんには問題ない。ただ、お母さんが気になる場合には、個人で対応してほしい。
とのこと。

 

そして、よろしければトングを無償でお送りします、とのことでした。

 

べたつきが赤ちゃんに問題ないと聞いて、ほっとしたものの、これをとる方法がないなんて・・・!
すごく困るので、トングのゴム部分をとるなどして、べたつきが発生しないように要望しておきました。

 

このトングのゴム部分、なくてもいいのではと思ったんですよね。
なぜなら、自宅の別のトングを代用したところ、問題なく哺乳瓶がとれていたから。
別のトングとはこちら。

担当者さんのお話では、トングのゴム部分がべたつかないように改良されたとのことで、ゴム部分をなくすという方針にはなっていないようです(ーー;)
とりあえず、要望として受け入れてくれました。

 

提案された無償の新しいトングは、いただくことに。

 

   

さて、では哺乳瓶のべたつきをどうしよう・・・。
またネットで調べると、ゴム製品のべたつきをとる方法がいくつかありました。
簡単なものからと試したところ、最初に試したこの方法でうまくとれました。

 

それは・・・、消しゴムです!

トングで内側と外側をつかんでしまった場合、内側にもべたつきがついてしまいました。
内側も、こんな感じで消し消し・・・。

べたつきがとれて、すっきり!
よかったです。

 

その後、杏林製薬さんから新しいトングが送られてきました。
ありがとうございます。
でも、できれば不安なべたつきがおきないよう、ゴム部分はなんとかしてほしいです!

安心できる状況で、育児をしていきたいですね。

 

こちらの記事もおすすめです↓

www.chocoberry-life.com

www.chocoberry-life.com