チョコベリーの暮らしをちょっと豊かにするブログ

3児育児中のワーママです。ワーママライフハック、子育て、投資など暮らしを豊かにするヒントや気づきを綴っています。

歯茎が痛い・・・。妊娠中の歯周病とそのケア!

こんにちは、チョコベリーです。

「あれ・・・、歯が痛い」
いや、歯ではなく、歯茎かな?

当時、妊娠7ヶ月の私。
2週間後には、歯の検診を予定していたので、それまでには良くなるのではと思っていました。
しかし、1週間たってもよくならず、痛くない片側でのみ物を噛む生活に。

仕方ない。歯科に行こう。
何か怖いことを言われるのが嫌で、もう少し待ちたかったのですが、見てもらうことにしました。

歯周病ですね。」
えっ?
歯科に行くと、先生がそうおっしゃいました。
妊婦はホルモンバランスが崩れて、歯茎が腫れてしまう人が多いのだそうです。

かなり歯茎が腫れてしまっているので、マッサージが始まりました。
妊婦のため、麻酔も薬も控えた方がいいとのことで、すぐ処置開始。
ワンタフトブラシで腫れた部分をとんとんたたいたり、歯と歯の間を細い歯間ブラシでブラッシングが始まりました。

ワンタフトブラシとは、このようなブラシ。

 歯間ブラシはこちら。SSSSサイズがおすすめ。 

デンタルプロ 歯間ブラシ I字型 15本入り サイズ0(SSSS)

デンタルプロ 歯間ブラシ I字型 15本入り サイズ0(SSSS)

 

そのブラッシングの痛いこと!
まあ、我慢できないわけではないので、ただ我慢。
出産に比べればなんてことはない~と自分を励まし、長いケアが終了。
消毒のあと、おうちでも腫れたところのマッサージと、歯間ブラシによるブラッシングをしてくださいねと、歯科衛生士さんからアドバイスをいただきました。

薬も飲まず、歯茎のブラッシングだけで、本当に症状はよくなるのかしら?
ネットで歯周病の対処について調べてみても、「歯科に相談しましょう」と書かれているばかりで、具体的なケアを紹介しているサイトは見つけられませんでした。
本当に情報が少ない!

調べていく中で、歯磨きは歯を磨くだけでなく、歯茎もブラッシングすることが大切だと知りました。
歯と歯茎の間に細菌がたまるので、それを除去するためだったり、歯茎を鍛えるためでもあるそうです。

歯間ブラシで歯と歯の間を掃除することも、とても大切だそうです。
私はデンタルフロスを使っていましたが、フロスは食べかすがとれるだけで、細菌を取り除くことにはならないため、歯間ブラシのほうがいいようです。

歯茎の腫れを治すため、食後の丁寧な歯磨きのあと、腫れてしまった歯茎をブラシで3分ほどトントンとたたくことと、就寝前に1回歯間ブラシを使うというケアをしました。
その結果・・・、1ヶ月程度でようやくよくなりました!
ブラッシングケアは、正しかったようです。

TVのCMなどで歯周病について見ることはありましたが、まさか自分がなってしまうとは思いもよりませんでした(^^;)
歯茎のケアもしながら、健康的な歯でいたいですね!